二人めの妊娠生活は切迫早産と逆子でしたが無事出産しました

上の子が1歳半のときに二人めの妊娠がわかりました。二人めということで、精神的には少し落ち着いていられたかな?と思います。

無事に妊娠後期まできたのですが、そこで切迫早産と言われました。

入院しないといけないほどではなく、家で気をつけて生活するという程度ではありました。

自分では全く自覚もなかったので、どの程度気を付ければいいのかな…と気になりながら生活していました。

上の子もいてずっとじっとしているわけにはいかないので、気をつけつつもたまには散歩にでかけたりしていました。

(おとなしめの子だったのもあり)

さらにその次の健診で逆子といわれ、逆子体操をするように言われました。

切迫早産とも言われているので、これまたなかなかどの程度なら体操しても大丈夫なのか不安に感じた記憶があります。

でも逆子のままだと帝王切開になるとのことで、なんとか治ってほしいとおもいながら体操をしました。

逆子になるのは冷えが原因で母体が冷えているので、赤ちゃんがあたたかい母体の心臓の方に頭を向けているとも言われているようだったので、とにかく冷やさないように気を付けました。

また赤ちゃんの頭がまだ重たくなっていないからという風にも聞いたので、元々私が細目だったこともありちゃんとご飯を食べるように意識しました。

そのご飯もなるべく赤ちゃんにいいものをと思って、添加物や産地に気を付けるようになりました。

なかなか治らず、とうとう帝王切開の予約までいれて、次の健診で治っていなかったら帝王切開というところまでいきました。

が、なんと、次の健診で逆子が治っていました!

もうひとつ、二人めの妊娠ということで思ったのは一人めの妊娠中に妊婦用の服を買っておいたらよかったなということです。

二人め妊娠するかわからないし…と思って買わなかったのですが、普通の服で代用しようと思うとどうしても普段より1~2サイズアップのものを購入する必要があります。

ですが、出産後にはそれは大きすぎるので…結局ワンシーズン限りのものとなってしまってもったいなかったです。

切迫早産も臨月に入れば特に気にすることはないということで、臨月に入ってからはガンガン動きました。

また安産にきくと言われているハーブティーも飲みました。

そのかいあってか、予定日より1週間程早くに、なんと陣痛が始まってから二時間程で産まれてきてくれました。

上の子も思うように母親と行動できずに、ストレスを感じることもあったかな?とも思いますが、産まれてきた赤ちゃんは2歳ながらにかわいいと思うようで絵本を読んでくれたりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です