初めての妊娠~19歳の終わりにわかった妊娠~

私の妊娠がわかったのは二十歳になるほんの少し前のことでした。

二十歳の誕生日の数日前に妊娠検査薬を購入してみたところ陽性…正直想定外なことだったので驚きと不安でいっぱいいっぱいでした。

心配で心配で産婦人科に行ってみたところ、かなり古い感じの、おばあちゃんと看護士さん1人ずつしかいない病院…さらに心配になりつつもおばあちゃんは笑顔で「妊娠してますよ」と言ってくれました。

しかし、もう少し近代的な病院でも診てもらおうと思い、別の産婦人科に行ったところ「今の時期は子宮外妊娠の可能性もあるので、◯日後にもう一度診てみないと妊娠確定とは言えません。」と言われ、子宮外妊娠なんて言葉も聞いたことがなかったので、とにかく心配で不安でした。

でも不思議ときっと赤ちゃんがいるとわかったときからお母さんはお母さんになるのでしょうね、既に赤ちゃんが無事であってほしいと思いながら毎日を過ごしていた記憶があります

。お父さんはお母さんと違って赤ちゃんができたという実感がこの頃はわきようもないんじゃないかなと思います。

ちなみにこの時の医者は女性でしたが、少々冷たく感じました。

この後産婦人科をかわるのですが、そこは男性の医者で、産婦人科となると女医の方が安心しそうですがそうでもないということを思いました。

月日は流れて、無事子宮外妊娠ではないということもわかり毎回の健診が楽しみであり赤ちゃんが無事か不安でもある日々を過ごしました。

幸い私はつわりが一切といっていいほどなかったのですが、やはりなかなか父性が芽生えないお父さんとの関わりで落ち込むことが多かったです。

私は妊婦でありとあらゆることを我慢するなか、父親は以前と変わらない生活を送っているように感じてとてもストレスでした。

今思えば、本当に父親が身勝手だったのかもしれないし、それとも妊娠中で私が落ち込みやすくなっていたのかもしれないとも思います。

どちらにせよ、これから妊娠する方には妊娠中は本当に繊細になるので何事も我慢しないで過ごして欲しいなと思います。

毎週のように携帯で今の赤ちゃんの様子はどんななのか、気を付けるべきことはなんなのかを調べていました。

途中、妊娠後期にさしかかるころに鉄分不足といわれ鉄錠を処方されました。

単なる鉄錠と思ったのですが、便秘などの副作用があり、こんなことならもっともっと食事で鉄分をとるように気を付ければよかったなと後悔しました。葉酸のサプリメントはとっていたのですが…。

有難いことに私も赤ちゃんも何も問題なく毎日を過ごし、予定日より2週間早く無事に出産することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です